Take The J Train 東京駅から新神戸へ

Take The A Trainは、ご存知Duke Ellingtonの名曲だ。エリントン楽団のテーマソングである。この曲は都会的で、粋にスウィングする。盟友のカウント・ベイシーも好んで演奏しているし、いろんなミュージシャンが演奏している。私のI-podにも10曲以上が入っている。 エリントンは、高度な西洋音楽の楽理をジャズに持ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

周辺を呑み込んだ街 「の」の字の東京

東京には23区がある。23区を正式に列記する場合は千代田区を最初として、中央区、港区、新宿区・・というように順番が定められているそうだ。 明治22年、市制町村制の施行によって、15区の範囲に基礎的自治団体としての東京市が設置され、区はその下部組織として存続した。旧15区時代には、時計回りに「の」の字を書くように区の順番が定められて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢文庫から金沢八景へ 心越禅師の望郷の念

元禄 7年(1694)頃、中国の心越禅師シンエツゼンシが、能見堂からの勝景を故国の瀟湘八景ショウショウハッケイに当てはめ、金沢八景詩を詠んだ。これが基となって金沢八景の名が成立したのだそうだ。  今日は、夕方大阪で一緒に仕事をした人物のお宅におじゃますることとなった。その人物は横浜から二つ目の駅近くに住んでいる。午前中、ついでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空虚な中心 東京の真ん中にある皇居 後醐醍天皇と悪党楠木正成

奈良や近江や京都にあったこれまでの皇居は、中国の王城を模して、平地の開かれた場所に、威風堂々とつくられていた。皇帝のすまいであり政治のおこなわれる場所である王城は、都市の理想をあらわしていた。 王城は、森の中ではなく、文明のおこなわれる平地につくられた。中国の皇帝は、天帝から認められて王権をふるうことができる。皇帝にふさわしい場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空虚な中心 江戸の王権 江戸城跡

江戸の名は「入江の門戸」を意味し、昔は片田舎の漁村にすぎなかった。現在の日比谷公園から大手門辺りまで入江が迫っていたのだ。 平安末期の12世紀初め、この天然の要害の台地に居館を楕えたのが、江戸四郎重継シゲツグとその子太郎重長シゲナガであり、長禄元年(1457)上杉氏の家宰太田道灌ドウカンが、近世城郭の嘴矢コウシとなる江戸城を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空虚な中心 東京の真ん中 太田道灌から徳川家康

「いかにもこの都市は中心をもっている。だが、その中心は空虚である。」 この言葉は、フランスの哲学者ロラン・バルトが独自の日本論を記した「表徴ヒョウチョウの帝国」にあり、1970年に発表されている。 「表徴の帝国」(『記号の国』)によれば、西洋が「意味の帝国」であるのに対し、日本は「表徴(記号)の帝国」であり、ヨーロッパの精神世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉新仏教 日蓮と道元 鎌倉大仏

平安仏教が貴族仏教であったのにたいして、鎌倉新仏教はあらたに台頭してきた武士階級や一般庶民へと広がっていったそうだ。小町通りに向かう道を鶴岡八幡宮に向けて歩いていると、八幡宮の手前に曹洞宗高祖道元禅師鎌倉御行化ゴギョウケ顕彰碑がたてられている。 道元の鎌倉御行化ゴギョウケとは、 越前福井の永平寺を開き、弟子たちの指導に専…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ鎌倉へ 源氏と北条氏と鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は、源頼朝が武家政権を開くにあたって、壮麗に社殿を営んだ、幕府の中央神殿ともいうべき建物だ。しかし、八幡宮は「応神オウジン天皇」のこととされている。天皇家と公家の政治、律令制に反旗をひるがえした幕府が、なぜ八幡宮を祀っているのか。そんなことを思いながら、いざ鎌倉を歩いてみよう。 鎌倉までは、約1時間。早めに部屋を出て、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新宿七福神と寿限無

会社での何気ない会話の中で、最近外人が日本に来て一番行きたい場所は新宿だという話を聞いた。新宿には観光できる場所が特にあるようでもないので、どうしてなのか疑問に思っていた。 この間、実家に帰った時、母親から新宿七福神があるのを知っているかと聞かれた。正月番組で、新宿に七福神がありその特集をテレビで放映していたらしい。それを見て普段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難波宮と石山本願寺 豊臣秀吉と大阪城

土曜日朝、所要があって、大阪・布施方面にまで行くことになった。用事は朝だけ、ついでに環状線で見えた大阪城に寄っていこう。夕方からは、大阪で昔仕事を一緒にした連中との同窓会がある。 大阪城 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9D%82%E5%9F%8E 大坂城(大阪城オオサカジ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

自由ヶ丘の大統領 等々力渓谷まで歩く

人間の記憶はいいかげんなものだ。僕は長い間、青春ドラマの舞台は自由ヶ丘の大統領だと思っていた。でも調べてみると違っていた。夕日ヶ丘の総理大臣だった。 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8207/yuhigaoka.htm 中村雅俊演じる破天荒な英語教師「ソーリ」を中心に…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

高砂や この浦舟に 帆を上げて 世阿弥は播磨出身であったのか

新年、能の番組をテレビで放映していた。久しぶりの連休の中日、正月三が日の間、気分転換に初詣に行こう。明日も個人的には休みだ。正月の能の中でも最も有名なものは、世阿弥の高砂だ。高砂で、新年を「ことほぐろう」。 新年だが、昨日から相方は、実家の佐賀に帰っている。大きくなったワッパはそれ自身に任せておくことにしよう。 おめでたい謡…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

汽笛一声新橋を ジャズの音色を友として

「汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり 愛宕の山に入りのこる 月を旅路の友として」 1900年(明治33年)に大和田建樹が作詞した『鉄道唱歌』ではこう歌われた。 今日は、同じフロアで仕事をする先輩が所属するジャズバンドのコンサートが新橋である。久しぶりのジャズのライブは楽しみだ。その前に少し新橋あたりを散策してみよう。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

神田神保町 古本と楽器とスポーツ用品 儒教はお江戸を安定させたか

金曜日、日帰りの出張で関西から同期が東京に訪れた。ご苦労なことだ。仕事が終り最終の新幹線の時間まで東京駅の近くで飲むこととなった。ヤロー4人で焼酎のボトルを開けてしまった。気がつけば最終の関西向けの新幹線はもう終っている。そいつと二人で私の部屋で一晩明かすこととなった。 私のワンルームマンションには、電子ピアノCasio Priv…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

播磨の山上のトム・クルーズ 書写山圓教寺と姫路城

姫路城で写真の勝負! デジカメそそのかされた先輩に戦いを挑まれてしまった。三連休の初日、姫路城のあたりは何度か行ったことがあったので、奥のほうの書写山ショシャザンへ行くことも提案。話がまとまった。 書写山は、姫路駅から神姫バスで周遊券が売られている。姫路駅北から神姫バスに乗り、書写ロープ・ウェイ行き終点まで、所要時間28分。ロー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

和歌三神と馬鹿三人 向島の雪見酒

先週末から風邪をひいて体調が悪い、しかし少し落ち着いて来たので朝から出かけることにした。向島方面へ、浅草橋から浅草線に乗って本所吾妻橋で降りる。 本所吾妻橋から東武伊勢崎線の業平橋駅まではすぐ近くだ。 近くに架かる隅田川の「吾妻橋」に由来する。この由来として在原業平を主人公とした『伊勢物語』の中にこの付近を舞台とした「都鳥」があ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ちりとてちん 福井県小浜 箸とお水送り

3月12日に奈良東大寺二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、毎年3月2日に行われる小浜市神宮寺の「お水送り」は、奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な行事だそうだ。 お水取りに関して、小浜が関係しているとは知らなかった。11月3日、文化の日には、毎年健保組合のバスツアーがある。日帰りで、一人2000円の参加費で食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人麻呂の暗号と古墳と遺跡 ちりぬるを

土曜日、相方は花隈駅の北側、四宮神社の近くにある兵庫県中央労働センターで研修を受けることになった。土日にしか乗らない私のエスティマは、またまた送迎タクシーとなった。午前11時から午後4時迄の間、気になっていた柿本神社に行ってみよう。 柿本神社は明石にある。ここからは明石海峡にかかる明石海峡大橋がよく見える。 「天離アマザカる …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

王子のきつね ゲーテと渋沢栄一

今日は王子に行ってみよう。実は週末、会社の帰りにカメラの三脚を持ってタクシーに乗ったが、その三脚を車の中に置き忘れてしまった。車代の領収書の番号に電話をすると、もう車は入庫しており事務所で保管しているとのこと。事務所は北区滝野川にある。 北区滝野川は、JR京浜東北線の王子駅から近い。以前飛鳥山公園に行った時、渋沢資料館は行けなかっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いろはにほへと 芦屋の猿丸は柿本人麻呂か ちりぬるおわか

ふぐなべを食べに行った時、大先輩が読んで面白かった本に「猿丸幻視行」があったという話を聞いた。猿丸幻視行は、今はまっている井沢元彦のデビュー作品だ。読んだことがなかったので、新幹線に乗る前に八重洲ブックセンターで買った。 井沢元彦は「逆説の日本史」を書いている。10年以上前から書いているこの本は、今は文庫本でも11冊まで発行されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more