テーマ:Jazz

Take The J Train 東京駅から新神戸へ

Take The A Trainは、ご存知Duke Ellingtonの名曲だ。エリントン楽団のテーマソングである。この曲は都会的で、粋にスウィングする。盟友のカウント・ベイシーも好んで演奏しているし、いろんなミュージシャンが演奏している。私のI-podにも10曲以上が入っている。 エリントンは、高度な西洋音楽の楽理をジャズに持ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

空虚な中心 東京の真ん中にある皇居 後醐醍天皇と悪党楠木正成

奈良や近江や京都にあったこれまでの皇居は、中国の王城を模して、平地の開かれた場所に、威風堂々とつくられていた。皇帝のすまいであり政治のおこなわれる場所である王城は、都市の理想をあらわしていた。 王城は、森の中ではなく、文明のおこなわれる平地につくられた。中国の皇帝は、天帝から認められて王権をふるうことができる。皇帝にふさわしい場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿七福神と寿限無

会社での何気ない会話の中で、最近外人が日本に来て一番行きたい場所は新宿だという話を聞いた。新宿には観光できる場所が特にあるようでもないので、どうしてなのか疑問に思っていた。 この間、実家に帰った時、母親から新宿七福神があるのを知っているかと聞かれた。正月番組で、新宿に七福神がありその特集をテレビで放映していたらしい。それを見て普段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自由ヶ丘の大統領 等々力渓谷まで歩く

人間の記憶はいいかげんなものだ。僕は長い間、青春ドラマの舞台は自由ヶ丘の大統領だと思っていた。でも調べてみると違っていた。夕日ヶ丘の総理大臣だった。 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8207/yuhigaoka.htm 中村雅俊演じる破天荒な英語教師「ソーリ」を中心に…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

高砂や この浦舟に 帆を上げて 世阿弥は播磨出身であったのか

新年、能の番組をテレビで放映していた。久しぶりの連休の中日、正月三が日の間、気分転換に初詣に行こう。明日も個人的には休みだ。正月の能の中でも最も有名なものは、世阿弥の高砂だ。高砂で、新年を「ことほぐろう」。 新年だが、昨日から相方は、実家の佐賀に帰っている。大きくなったワッパはそれ自身に任せておくことにしよう。 おめでたい謡…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

汽笛一声新橋を ジャズの音色を友として

「汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり 愛宕の山に入りのこる 月を旅路の友として」 1900年(明治33年)に大和田建樹が作詞した『鉄道唱歌』ではこう歌われた。 今日は、同じフロアで仕事をする先輩が所属するジャズバンドのコンサートが新橋である。久しぶりのジャズのライブは楽しみだ。その前に少し新橋あたりを散策してみよう。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

神田神保町 古本と楽器とスポーツ用品 儒教はお江戸を安定させたか

金曜日、日帰りの出張で関西から同期が東京に訪れた。ご苦労なことだ。仕事が終り最終の新幹線の時間まで東京駅の近くで飲むこととなった。ヤロー4人で焼酎のボトルを開けてしまった。気がつけば最終の関西向けの新幹線はもう終っている。そいつと二人で私の部屋で一晩明かすこととなった。 私のワンルームマンションには、電子ピアノCasio Priv…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

伊達な音楽 JAZZは政宗

一ノ関のビジネスホテルで軽く朝食をとり仙台に戻る。東北新幹線に乗れば約30分程度、東北本線では1時間30分。まだ朝も早い、丁度在来線が来たので東北本線でコトコト揺られていこう。車窓からはのどかな田園風景が続く。 外を見たり、本の頁をめくったりしているとウトウトしてしまった。気がつけば国府多賀城駅。古代に国府と鎮守府が置か…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

ラストサムライと乃木大将 南青山から赤坂へ

赤坂御用地の周辺には明治神宮外苑が接している。外苑東通りを歩くと南青山一丁目に着く。四谷から赤坂界隈を散策して帰った夜、土曜プレミアムで「ラストサムライ」が放映されていた。ラストサムライは、明治維新1868年の戊辰戦争や明治10(1877)年の西南戦争がモデルとなっている。今日、もう一方のラストサムライの住んでいた場所に行って来た。 …
トラックバック:2
コメント:17

続きを読むread more

神楽坂奇譚 植松眞人と夏目漱石

植松眞人は、コピーライターであるが、小説も発表している。短編が多いが、作品はすべてネットの図書館『青空文庫』で公開されている。だいぶ以前、この人の神楽坂奇譚を読んだことがある。なんとも不思議な雰囲気の奇譚だ。今日は神楽坂を歩いてみよう。 JR飯田橋駅東口で降りて、津久戸小学校に進むと厚生年金病院の裏側に築土ツクド八幡神社がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神田お玉が池から隅田川テラス 次郎兵衛さんはMacを使っていたか

神田お玉が池、小間物屋・次郎兵衛さんは佃島で開かれる、住吉神社の大祭、佃祭りを見に行った。古今亭志ん生の「佃祭り」はここから始まる。 この間は、娘が東京ドームでのKAT-TUNのコンサートを見るために、私のワンルームは娘と娘の友人のためのベースキャンプ場と化した。 私はカプセルホテルのオーナーのように、その出入りを見守っていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大森海岸 鯨と貝塚と縄文人

浅草橋から地下鉄浅草線を使い大門で降りる。浜松町駅から東京モノレールで約10分。三つ目の駅が流通センター駅だ。駅周辺は巨大なビルが建ち並ぶ殺風景な場所だ。 京浜運河に架かる大和大橋を渡ると、左側に公園の緑と運河沿いの道がある。大井ふ頭中央海浜公園だ。水と緑の公園を歩いてみよう。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

退治された酒呑童子 天下祭の神田祭

日本の祭りは、収穫期に行う自然神への感謝の儀式からはじまっている。神を迎えもてなし、祝祭の催しで住民の団結をはかるのだ。山車ダシ巡航の祭礼は、ハレのイベントで京都祇園祭りがルーツだとされている。祭りで神輿が主役になったのは、江戸末期からだそうだ。 江戸の祭りの中でも筆頭格が、神田明神の神田祭と山王権現社(日枝神社)の山王祭だそう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

庚申塚から ボンジユール アザブジュバーン

腹のムシがおさまらない。実は、先週体調が崩れ、帯状疱疹が発生してしまった。腹にいたウイルスつまりムシが暴れ出したのだ。じっとしていても、横になっても痛みがある。それなら渋谷の庚申塔に行って見よう。 帯状疱疹は、疲労や老化、ストレスなどで抵抗力が落ちたときに、潜んでいたウイルスが活発になり症状が出る。このウィルスは子供の頃にかかった…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍馬と神戸とジャズ

久しぶりに実家でゆっくりできる。でも今日は車で、家族のアッシーくん。それぞれの送り迎えで忙しい。間の時間を縫って車で地元をめぐることにしよう。 神戸の地に大正12年、宝塚少女歌劇団オーケストラ出身の井田一郎をリーダーとする日本初のジャズバンド「ラッフィング・スターズ」が誕生して80年以上がたつ。日本のジャズの発祥地は神戸なのだ。ジ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

玉川上水に消えた ピカレスク

JR三鷹駅南口を出ると、目の前には駅前のにぎやかな光景が広がっている。 今日は6月19日ではないけれど、個人的な「桜桃忌」だ。 太宰治の墓がある禅林寺をめざして歩こう。 太宰治は昭和14年、30歳の時に、妻と共に甲府から三鷹へと移り住んだ。彼はここで『走しれメロス』、『女生徒』、『東京八景』、『斜陽』、『人間失格』などの有名な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰りの修験者 高尾山

東京で面白いところは何処と関東の人に聞いた。「今だったら高尾山かな。」という一言で高尾山に登ることにした。今、はじめたばかりのピアノで取り組んでいるのが枯葉。Autumn Leaves だ。紅葉の時期は少し過ぎたかもしれないけど、Autumn Leaves聞きながら高尾山に登ろう。 パソコンに入ってるジャズの曲でAutumn Le…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大川はミシシッピ川、浅草は日本のニューオーリンズだ

浅草は東京の歴史であり、日本の文化の中心であった。意外なことに浅草には、レコードやライブハウスなどのジャズの店が多い。2年前には、浅草の商店街の名物おかみがニューオーリンズの名誉市民となったそうだ。 ジャズ発祥の地といわれるルイジアナ州ニューオーリンズ。ここは、フランスの軍港だったこともあり、ヨーロッパからの船が着くところであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川、隅田川は日本のミシシッピー川だ

ミシシッピはインディアンの部族であるオジブウェ族の言葉で「大きな川」を意味するそうだ。 ミシシッピ川 (Mississippi River) は、北アメリカを流れる川。ミネソタ州を源流とし、メキシコ湾へ注ぐ。全長3,779kmで、世界三大河川の一つに数えられている。アメリカ合衆国で一番長い。アメリカで大きな川がミシシッピ川であれば、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北町奉行所から南町奉行所まで、銀座を通って

東京駅八重洲北口を出ると国際観光会館があり、その前に「いれずみ奉行」の名で呼ばれる遠山左衛門(遠山金四郎)で有名な北町奉行所跡があり、そこには小さな碑があるとガイド本には書いてあった。 オランダ人ヤン・ヨーステンは、東京駅「八重洲口」。イギリス人ウィリアム・アダムスは、日本橋本町1丁目の「按針通り」の地名の由来となっている中で、こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藁人形と解体新書(ターヘル・アナトミア) 千住宿

I-Podのイヤホンを耳に突っ込んで、デジカメバックぶら下げ出発だ。気がつけばI-Podの曲も、ジャズと落語で5000を超えてしまった。めざすは千住宿。 I-Podのスタートは、Wes Montgomeryの「The Incredible Jazz Guitar」 僕が最初にジャズに目覚めたアルバムだ。ギターもさることながらTom…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

井の頭公園と塚山公園

中沢新一のアースダイバーにはまって、神田川の源流に行ってみたいと思った。 目指すは、吉祥寺・井の頭公園。その前に「いせや」で焼き鳥とビール。 ここの井の頭池が、神田川の源流らしい。アースダイバーという題名はアメリカ先住民の神話からとられているそうだ。 「原初の世界は一面の水に覆われ、陸地がなかった。そこで勇敢な動物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more