テーマ:旅行

周辺を呑み込んだ街 「の」の字の東京

東京には23区がある。23区を正式に列記する場合は千代田区を最初として、中央区、港区、新宿区・・というように順番が定められているそうだ。 明治22年、市制町村制の施行によって、15区の範囲に基礎的自治団体としての東京市が設置され、区はその下部組織として存続した。旧15区時代には、時計回りに「の」の字を書くように区の順番が定められて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちりとてちん 福井県小浜 箸とお水送り

3月12日に奈良東大寺二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、毎年3月2日に行われる小浜市神宮寺の「お水送り」は、奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な行事だそうだ。 お水取りに関して、小浜が関係しているとは知らなかった。11月3日、文化の日には、毎年健保組合のバスツアーがある。日帰りで、一人2000円の参加費で食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊達な音楽 JAZZは政宗

一ノ関のビジネスホテルで軽く朝食をとり仙台に戻る。東北新幹線に乗れば約30分程度、東北本線では1時間30分。まだ朝も早い、丁度在来線が来たので東北本線でコトコト揺られていこう。車窓からはのどかな田園風景が続く。 外を見たり、本の頁をめくったりしているとウトウトしてしまった。気がつけば国府多賀城駅。古代に国府と鎮守府が置か…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

陸奥の奥六郡 藤原三代と黄金郷 中尊寺金色堂

北海道から沖縄までが今の日本だが、北海道と沖縄(琉球)が日本となったのも明治維新以降だ。平安時代から鎌倉時代においては、東北地方は蝦夷地エゾチと呼ばれていた。古代に、北関東から東北・北海道にかけて住み、朝廷の支配に抵抗し服属しなかった人々。つまり蝦夷エミシが住んでいた。 大和朝廷の侵略が行われるまでは、東北はもう一つの日本、独立…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

奥州平泉 源義経と松尾芭蕉

松尾芭蕉は隅田川沿いにある芭蕉庵から、北千住をスタート地点とし、約半年をかけて日光・平泉・金沢・大垣とまわる「奥の細道」の旅に出る。折り返し点は平泉だった。仙台にまで行く用事がある。ついでに以前から行って見たいと思った平泉に旅してみよう。宮城も岩手も今まで行ったことがない。 上野駅から、東北新幹線「はやて」に乗り、一ノ関で東北本線…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

軽井沢 プリンスとジョン・レノン

軽井沢は、長野県佐久地方を表す地名。江戸時代には、五街道のひとつ中仙道が通る宿場町であり、中仙道の難所のひとつとして知られる碓氷峠ウスイトウゲの西側の宿場町として栄えていた。 大正7(1918)年には西武資本が開発に参入、昭和20(1945)年には東急資本も開発に参入、その後は東京を後背地として持つリゾート地としての立場を確立し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンバから第九まで 板東俘虜収容所(徳島県鳴門市)

徳島県鳴門市大麻町に映画「バルトの楽園」のロケ村がある。バルトの楽園とは、第一次世界大戦中、徳島の板東俘虜収容所に収容されたドイツ人捕虜と日本人住民との交流の話だ。日本で初めてベートーベン作曲『交響曲第九番 歓喜の歌』が演奏されたのはこの地であったそうだ。 第一次世界大戦(1914~19…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

月の砂漠を はるばると

旅のらくだが 行きました。金と銀とのくら置いて、二つならんで 行きました。 文部省唱歌ではないけれど、金と銀の二つのバス乗り継いで行ってしまった。鳥取砂丘。 金曜日、会社で大変お世話になった大先輩。この9月いっぱいで退職することとなった。その人を囲んでの宴。これはどうしても参加しなければ。 実は、たまにはバス旅行も風情があって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

リアルは見つかったか

24時間テレビ29「愛は地球を救う」 タイトルが、あまりに偽善的で、あまり見たことはない。 ただ、娘が友達を連れて、朝一番の新幹線に乗って東京に出てきた。 目的は、24時間テレビのメインパーソナリティのKAT-TUN(カトゥーン)。 これもなんだか分からない。でも、まあいいか。 急に応募に当たって、チケットを土曜日に渋谷の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

18000歩の富士講とカチカチ山

室町時代末期に角行という人が世の中の乱れに苦しみ富士山に登り、天下泰平、五稜豊穣の祈願をし、天下が治った処から富士山信仰がおこったそうだ。 毎年6月30日、7月1日の両日に限り一般の参拝に開放されているとのこと。 下谷坂本には富士塚(台東区下谷2-13-14、下谷小野照崎神社内)がある。 富士山信仰は室町末期に起こ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

一の倉沢 初めての上州(群馬県)

一の倉沢 群馬県利根郡水上町にある。一の倉は、利根沼田森林管理局が管理している国有林だそうだ。 この地方の方言で岩や岸壁のことを「クラ」と呼び、この岩場は、世界でも最も登挙の困難な岸壁であり、日本アルプスの剣岳、穂高岳とともに日本三大岩場として知られているとのこと。谷川連峰唯一の岩場であることから「一ノ倉」と名づけられているのだそ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

八雲立つ スサノオとアマテラスの関係は ?

連休に、以前から行ってみたいと思っていた島根県にドライブに出かけた。 目的地は、なんとなく出雲大社。 たよりは、ドライブ出てから近くの本屋で買った「るるぶ松江出雲」のみ。 http://www.kankou.pref.shimane.jp/pickup/spot/area_izumo.html とりあえず一番目は、八重垣…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more