日帰りの修験者 高尾山

東京で面白いところは何処と関東の人に聞いた。「今だったら高尾山かな。」という一言で高尾山に登ることにした。今、はじめたばかりのピアノで取り組んでいるのが枯葉。Autumn Leaves だ。紅葉の時期は少し過ぎたかもしれないけど、Autumn Leaves聞きながら高尾山に登ろう。

パソコンに入ってるジャズの曲でAutumn LeavesをI-tunesで検索したら、34曲3.6時間となった。さすがジャズの定番だ。中央線の往復には十分だ。でも正直何処にあるか知らない。とりあえず、いつもの図書館でガイドブック3冊、該当の部分3ページを30円でコピーした。山頂を含む一帯は「明治の森高尾国定公園」に指定され、山内の自然や建造物は保護されているそうだ。それを持って中央線に乗り込もう。

JR高尾駅で乗換え、京王線高尾山口駅からスタート。駅口で「8コース別MAP 花めぐり紅葉めぐり」のパンフレットを手に、5分ほどで清滝駅に着く。
画像


ここからはケーブルカーで山頂近くまで行ける。でも、ケーブルに乗っては価値がない。自然研究路でもある6号路で山頂まで登ろう。

6号路は、駅の左脇から細い舗装道路を入る。妙音橋の手前で左へ。舗装道路は終り、登山道らしくなる。しばらく行くと弘法大師の伝説がある岩屋大師の前にくる、琵琶滝があり、即席の修験者がいた。
画像

高尾山は信仰の山でもある。
「南無大聖不動明王」を唱え、頭上から落ちる滝に白装束の身をさらす。

高尾山薬王院の琵琶滝水行道場。800年程の歴史がある。6号観察路入口から谷川沿いの山道を15分ほど歩いた処にある。寒中でも滝に打たれて修行を行う信者の読経が聞え、一般信者の水行も行われている。

高尾山には4つの滝がある。
そのひとつひとつに霊山としての説話、伝説が言い伝えられているそうだ。
http://www.takaosan.info/yontaki.htm

大山橋を越えると、沢道になる。自然の飛び石を渡っていく。

苔むした倒木があり、暗い沢はより神秘的になる。100メートルほどの沢を登り、再び山道へ。頂上近くの階段は少しきつかった。けど、高尾山口駅からは1時間少しの距離だ。山頂(599m)の大見晴台にはビジター・センターがあり、茶屋が数軒ならんでいた。
画像画像














少し時期が遅かったけれど、山頂のもみじは綺麗だった。
画像画像














ビジター・センターの中には天狗の説明があった。大天狗は、日本神話の猿田彦という神だという説があるとのこと。烏天狗は小天狗ともいわれ、大天狗の子分だ。インド神話に出てくるガルーダという神がモデルであるという説があるそうだ。でもなんのことかわからない。

もみじのAutumn Leavesを堪能し、おでんとビールで一息つく。
西側には富士山が見えるそうだが、どこか分からなかった。

ここからは下りだ。1号路を通って、高尾山薬王院を経由して下山しよう。

高野山不動堂を経て、飯縄イズナ権現堂にいたる。
画像画像














権現堂を下がると薬王院本堂がある。
画像


薬王院について
薬王院は、真言宗智山派の大本山で、正式名称「高尾山薬王院有喜寺」【たかおさん やくおういん ゆうきじ】という。
この寺の草創は、天平16年(744年)今からおよそ1200年の昔、 行基菩薩【ぎょうきぼさつ】が聖武天皇の勅命を得て、薬師如来を安置して開山されたと伝えられている。
この時代は、日本古代史の中で最も華やかな奈良時代といわれるときで、奈良の都には東大寺の大佛殿などが造営され、日本全国六十余州の各々の国には、国分寺が建立されるなど、これらの造営に中心的役割を果たしたのが行基菩薩だそうだ。


本堂の両サイドには、天狗の面があった。
画像画像














フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋。
修験道(しゅげんどう)
修験道とは、山へ籠もって厳しい修行を行う事により、様々な「験」(しるし)を得る事を目的とする神仏が融合した宗教である。修験道の実践者を修験者または山伏という。山を神として敬う古来日本の山岳信仰と神道、仏教、道教、陰陽道などが習合して確立した日本独特の宗教である。奈良時代に成立したとされる。開祖は役行者(役小角)とされる。
山神としての天狗
天狗はしばしば輝く鳥として描かれている。怨霊となった崇徳上皇が、天狗の王として金色の鷲として描かれるのはこのため。また、山神との関係も深く、霊峰とされる山々には、必ず天狗がいるとされ(それゆえ山伏の姿をしていると考えられる)、実際に山神を天狗(ダイバ)とする地方は多い。
画像


つまり修験道と天狗はつながっているのだ。

参道を少し下ると、蛸杉タコスギと呼ばれている大スギがあった。樹齢450年、高さ37m、幹囲6m。大スギが一夜で根をまげて道を開いたという伝説がある杉だそうだ。
でも、何に対してその性根を曲げたかは知らないが、急に曲げるのは根性がない。
画像



画像















それはともかく、紅葉はまだ残っていた。
画像


ジョセフ・コスマ作曲の「枯葉」は、イブ・モンタンが主演の映画「夜の門」(1946年)の主題歌であるシャンソンの曲だそうだ。映画は見たことがないけれど、ジャズの定番だ。
というのも、ツー・ファイブ、ドミナント・モーションという4度進行のコード展開で曲が作られているから。

少し詳しくいえば、Ⅱm7 - Ⅴ7 - Ⅰ というコードパターンだ。
この組み合わせでできている。
Cm7 / F7 / B♭ / E♭  Am7 / D7 / Gm Gm7。
最初の4小節はB♭でのスケール上で、Ⅱm7 - Ⅴ7 - Ⅰ。
次の4小節はGでのスケール上で、Ⅱm7 - Ⅴ7 - Ⅰ。
ほぼこれの繰り返しだ。

帰りの中央快速では、やっぱりAutumn Leavesを聞きながら帰ろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 横浜のクリスマス イルミネーション!富士山つき!

    Excerpt: もうすぐクリスマスですね。高砂台から見る旭川のイルミネーションも綺麗ですが、ボクの故郷、横浜から見る夜景も格別ですよ。富士山とのツーショットが一番のお気に入りです。 Weblog: 横浜のクリスマス イルミネーション!富士山つき! racked: 2006-12-04 01:07
  • 高尾山 紅葉 【東京都 紅葉】

    Excerpt: 高尾山の紅葉は、関東山地の東縁に位置する山のひとつで明治の森高尾国定公園に指定されている高尾山で見ることができます。徒歩またはケーブルカーかリフトで山の中腹まで行って、そこから約40分で山頂に到..... Weblog: 紅葉くちこみスポットバンキング racked: 2007-10-23 19:59